2017.01.30 おから

手元不如意である。

その意味で、おからは助かる。

近くの酒屋で500グラム50円で売られているのを知ったので、これを生かさない手はない。

とはいえ今までほとんど使ったことのない食材。

とりあえずは基本に忠実に、といきたいところだが、こんにゃくと椎茸がなかったので、洋風の卯の花を作った。もはやそれを「卯の花」と呼んでいいかは疑問であるが。

もっと改良の余地はあるが、ひとまずは家人においしいと言ってもらえたのでよしとしよう。

あとは残った250グラムの生おからをどうするか、考えなければならない。

まあ、それもまた楽しい。

 

f:id:tarako_spa:20170130234053j:image